最終更新日時 2020-11-22 06:37:59

2020年度社会見学会~世界遺産を訪ねる旅~開催報告

2020年度社会見学会~世界遺産を訪ねる旅~開催報告

                              会長代行 眞柴眞明 (S47政経)

 皆様にご案内の通り4月に開催予定でした社会見学会は政府の緊急事態宣言により開催延期になっておりました。その後宣言は解除され、マスク、手洗いの励行等正しく恐れつつ以前同様の日常生活が戻ってきつつあります。疲弊した経済活性化のためGOTOトラベル等も導入されるに至りました。これを受け延期していた社会見学会を11月14日、15日に実施しましたので報告いたします。

 

11月14日は当クラブの会員でもあるアナウンサーの石澤典夫さんがMCを務める「定禅寺しゃべくり亭」の公開生放送をNHK仙台放送局で観覧しました。
レギュラー出演のウド鈴木さんと共に毎回多彩なゲストを迎えてのトークはとても人気のある番組です。今回のゲストは山形出身のロックバンド銀杏BOYZを率いり、また近年俳優としても活躍の峯田和伸さんでした。石澤さんの軽妙洒脱な司会で様々なエピソードを聞くことがき、とても貴重な時間を過ごしました。残念ながら当番組は東北6県での放送で首都圏に住む皆さんがご覧になれないことです。

放送終了後は石澤さんも合流して、今がシーズンの三陸の牡蠣が時間無制限で食べ放題という「かき小屋仙台港」で遅めの昼食を取りました
昼食後は夜の懇親会にも間があるので近くの「仙台うみのもり水族館」に行き大きな水槽を悠々と泳ぎまわるたくさんの魚を見て、心をしました。

日も暮れかけた17時からは仙台一の繁華街国分町で当クラブの会員である阿部倫明さんがオーナーの「りとらい」で懇親会を開催しました。仙台地区からは5名の会員が参加され、仙台名物の牛タン、セリ鍋、三陸の刺身等美味しい料理に舌鼓をうちながら、東北の美味い酒と共に楽しい宴となりました。

宿泊は明大OBの堀川順弘さんが総支配人の「仙台国際ホテル」にチェックイン。
総支配人のお心遣いで様々なご配慮を頂き、とても快適な一夜を過ごすことができました。全国どこへ行っても明大のOBが活躍されていて、とても誇りに思います。

翌15日はバスをチャーターし一路平泉へ。最初の訪問地は藤原氏4代が眠る中尊寺です。中でも国宝「金色堂」は1124年造立の現存する唯一の創建遺構です。金箔で覆われたお堂、内陣には螺鈿細工、蒔絵、精緻な彫金が施され平安仏教美術の最高峰に圧倒されました。

昼食を挟んで国の特別史跡・特別名勝の毛越寺へ。日本最古の作庭書「作庭記」の思想や技法を今に伝える貴重な庭園として800余年の歴史があります。大泉が池を巡る遊歩道を秋の日差しを浴びながら散策しました。

その後、天然記念物の厳美渓へ。ここは栗駒山を源に流れる磐井川が巨岩を侵食し、おう穴・滝・深淵と表情を変え2kmにわたって渓谷美を見せます。遊歩道を散策すると、つり橋から上流の荒々しい流れと下流のゆったりとした淵の対照的な景色が見られます。

全ての日程を終え、仙台駅へ。2日間にわたる盛りだくさんの旅でしたが17時に解散。それぞれ思い出を胸に無事帰路につきました・。

昨今、感染拡大が収まらない状況ですが、また時期をみて行事等を再開できればと思っております。皆様もくれぐれもお気を付けになって、日々をお過ごしください。きっと、近いうちに素晴らしい日常が取り戻せると信じております。

DSC02874_01                DSC02875_01

 

DSC02885_01                 DSC02901_01

 

DSC02903_01                DSC02912_01

 

 

DSC02913_01

返信する





*