最終更新日時 2018-05-28 14:31:01

私の趣味ー『海釣り』 (加瀬義明) 

★キハダマグロ釣りに挑戦中  加瀬義明 (H1 法  ㈱湘南財産パートナーズ)

 加瀬義明氏

 加瀬義明氏

平成1年法学部卒の加瀬義明と申します。
神奈川県茅ヶ崎市の海の近くで育ち、子供の頃から海や川で釣りをしてきたので、自己紹介の趣味に「釣り」と書き込んでおりますが、最近は昔のようには頻繁に釣りに出かけることが無くなってきております。
それでも、去年からキハダマグロ釣りに魅せられ、昨年はシーズン最後(秋)に相模湾(茅ヶ崎漁港から出船)で一度チャレンジし、キハダマグロというサイズ(25キロ前後)ではありませんが8キロほどのキメジ(キハダマグロの幼魚)を釣り上げました。
(写真参照)
今年もリベンジすべく8月のお盆前(12日)に一度乗船したのですが、残念ながらその日は坊主に終わってしまいました。
その日、帰宅してから竿とリールを洗って自宅庭先の駐車場に立てかけて干したままにし、翌日の朝片付けようと思って見に行ったら、なんと盗まれてしまっておりました。
大物のキハダマグロ対策用に奮発して購入した竿とリールだけに、とても残念でなりません。
自分の管理不行き届きだったこともあり、あらためて購入できるのはしばらく先になりそうです(涙)。

しかし、全国紫明クラブの上西さんより、趣味について寄稿してくれという依頼があったのに、今年何も釣っていないのはどうかと思い、アジ用の船竿とかはあるので、8月26日に茅ヶ崎漁港からアジ五目釣りの船に乗船してきました。
その時の釣果はアジ15匹、サバ6匹(大きいものだけ持ち帰った数)、イサキ2匹、カイワリ2匹、ソーダガツオ3匹という結果です。
周囲に配るほどの数ではありませんが、自宅で食べる分としては十分な数でした。
釣った魚を捌くのは毎回自分の仕事です。朝6時出船で、午後2時近くまで釣りをしていると、帰宅してからどっと疲れが出るのですが、いつまでも魚を放置しておく訳にもいかず、疲れた身体にむち打って魚を捌いていくはめに。この時ばかりはもう少し数が少なくても良かったかなと思ってしまいます。
今回はその日の夕食に、アジをタタキとフライと塩焼きで全部使ってしまい、カイワリとイサキも刺身にして家族4人で完食し、ソーダガツオはニンニクとショウガを効かせた調味料でヅケにし、翌日の食卓のおかずにし、サバは3枚におろしていつでも塩焼き用に使えるよう冷凍庫に保存しました。
まだキハダマグロはもうしばらくシーズンが続くと思われるので、本当は今年もう一度チャレンジしてみたいと密かに思っております!

キメジ(キハダマグロの幼魚)

キメジ(キハダマグロの幼魚)

8月26日の釣果

8月26日の釣果

   

 

返信する





*