最終更新日時 2018-04-15 19:24:36

会員企業の紹介-私はこうして起業した⑨ ㈱ぺルル・ボーテ(池田珠美)

㈱ペルル・ボーテ  代表取締役 池田珠美 (H元年法学部卒)

◇「オオ明治♪」に魅了された学生時代
今は無き記念館地下の薄暗い部室にはいつも誰かしらが集まって「明治って~のはなっ」という先輩の話を聞きながらお茶を飲んだり恋愛話に花を咲かせたりの毎日でした。そして毎週2回の勉強会の後に必ず錦華公園で「明大節」「紫紺の歌」そして「校歌」を肩組んで歌い、明大生であることに誇りと喜びを感じる時間を過ごしました。3年になると、憲法の吉田善明教授のゼミナールに入り、「よく遊びよく学べ」という教えを守った二年間でした。今でもゼミのOB会は毎年行われ、今は定年退職なさった吉田教授を囲んで、楽しい時間を過ごしております。

◇就職先は「社員皆経営者主義」
平成元年年4月から、㈱リクルートコスモスというリクルートグループの不動産会社に就職しました。就職が決まった直後にリクルート事件が起こり、更には東京都庁の試験にも合格していた事もあり、周りからは「公務員になればいいのに」と言われていましたが、自分で決めたことでしたので貫きました。入社直後にバブルがはじけ、3年目になった頃グループ会社の㈱コスモスライフに転籍。不動産業界志望の私にとって、マンション管理業界で働く事にかなり抵抗があったのですが、現在の仕事の基盤は、この管理会社で培った経験と人脈なので、人生何が吉となるかわからないなと今は思っております。リクルートグループの社風は「社員皆経営者主義」。新入社員の頃から「自分の責任で仕事をする」事を学んだことが起業するにあたり大変役立っていると思います。

◇「売り上げ上がらないので 来月会社たたむから・・」
㈱コスモスライフを退社後は、元上司が設立した会社数社で働いておりました。例えば、元人事部長が設立したアウトソーシングの会社や元営業社員が設立したマンションデベロッパー・マンション管理会社・不動産購入コンサルタントのNPOなどです。
最後に勤務した会社の社長が、会社をたたむ一か月と一日前(!)に「会社やめます」とだけ私に言いました。自分だけビール飲みながら・・。驚くやら腹が立つやらの私でしたが、時間がもったいないのでそんな人は相手にせずと、転職先を探し始めました。明治の先輩には転職先をすぐに紹介していただいたのですが、今までのお客様や取引先から続けてほしいと言って頂き、また友人からは協力するからと背中を押され、その結果約20日間で自分の会社を設立しておりました。会社名は「㈱ペルル・ボーテ」意味は「ペルル」は「真珠」で「ボーテ」は「美しい」・・そうです!「(株)珠美」自分の名前です!自分にしかできない事を自分なりのやり方で、お客様に喜んで頂ける仕事だけをしていきたいと思ったからです。

◇ペルル・ボーテのめざすもの
昨今、中立的な立場で様々な保険のコンサルティングを行う会社が増えてきており、そのメニューの中で「生命保険の見直し」等は必ずといっていいほど入っております。しかしながら、「住まいに関する損害保険の見直し」については、個人向けのみならずマンション管理組合からの相談を受ける会社はほとんど見受けられないのが現状です。
私がマンション管理会社に在籍しておりました時、入居者の方のそれまで加入していた保険の内容を確認すると、内容を理解せずに代理店に言われるがまま無駄な保険に加入しているケースが多くありました。これでは保険料の無駄です。
また、色々な管理組合から、共用部の保険の相談をお受けすると、補償内容が不足していたり(いわゆる‘安かろう悪かろう・・)、あまりにも高い保険料を支払っている組合も多く、管理費の無駄遣いとなっている場合もありました。以上のような経験を踏まえ、「住まいの保険。知っていれば、こんなはずではなかったのに・・」を避けるために、損害保険のコンサルティングに力を入れております。
また最近は、生命保険のご相談も多く、現在ご加入の保険の見直しと、10社以上の生命保険会社からのお客様のニーズに合った最適な保険の提案をしております。生命保険商品は毎年のように、よりよい保険がより安く発売されておりますので、前にご加入なさった保険を随時見直すことをお勧めしております。
法人については、役員保険や火災保険・自動車保険等の見直しの結果、かなりの経費削減が図れる企業もありました。損保も生保も複数の保険会社から最適な商品をご案内しております。
今までの経験から、マンション管理についての相談を受けることも多く、また住宅購入や住宅ローンについてのご相談やセミナーを随時開催しております。できるだけ直接、私を必要としてくださる方とお会いして、ご相談に乗るようにしております。
その他、本を執筆したり、新聞や雑誌・マスコミの取材を受けることによって、少しでも皆様のお役に立てればと思っております。もちろん、母校の宣伝になればと「明治大学卒」とできるだけ記載してもらうようにしています。

◇これから

コンサルでは、知らないが故に困っている人を一人でも笑顔にしていくような仕事をしていきたいと思っています。会員の皆様のお力にもなれたらと思っておりますので、ぜひお声掛けくださいませ。それから、子供を育てているお母さん世代の中で、時間がなくて仕事をあきらめている方に、場所も時間も自由に仕事をして頂けるように「台湾・中国茶」の販売にも更に力を入れていきたいと考えます。女性の働き方は様々で良いと思いますが働く機会が少ないので、同じ女性として、私がそれを作らなければと常々思っています。
また私は、日本舞踊坂東流の名取でもあり、相撲甚句会の会員でもあります。そこで、これからは「日本の伝統文化」を次の世代につなげていくという事にも力を入れていきたいと考えています。アメリカのホストファミリーを通して、海外にも伝えていくことが私の夢です。

ホストファイミリ―と

日本舞踊 坂東友衡(芸名)

後ろの男性は私の弟の和正(芸名 秀衡)で 明治大学 平成6年法学部卒です。
今は名古屋に住んでいるので、会には参加できませんが機会があれば参加させたいと思っています。その際にはよろしくお願いいたします。
また私の父は、若いころ 高砂部屋の力士でした。そのころ 明治大学相撲部に稽古を付けに来ていたそうです。
色々と明治には縁があります。嬉しいことです。
ホームページ:   http://perlebeaute.com/
著書:「今こそ見直せ! 住宅ローン」(共著)  週刊住宅新聞社
記事: 「共用部の保険 見直そう」 マンション快適ライフ 読売新聞朝刊 2007年11月27日
「損保もリプレイス時代に突入?」 マンション管理新聞 2007年8月号
「損保関連よもやま話」 マンション管理新聞  2008年8月号
「管理会社と取り扱い可能な損保会社」 マンション管理会社  2011年8月号
「失敗しないマンションの買い方は?」  MISS  2007年2月号
「夫婦で考える定年後のお金と暮らし  第4章 定年後の住まい」 2010年  朝日新聞出版
同上                第4章  悩み解決!定年後の住まい」 2011年 朝日新聞出版
その他:京都ラジオ 「笑福亭 晃瓶のほっかほかラジオ」 セカンドオピニオンを取り入れて安心・安全の住まいを
執筆・取材の本や記事達

返信する





*