最終更新日時 2021-05-13 14:10:46

防犯協会は、貴重な財産!!   大村 託現(昭和43年 法学部卒)

防犯協会は、貴重な財産!!

葛飾防犯協会 会長 大村 託現  (S43法学部卒)

大村託現

    私達の葛飾を一言で表すと「下町人情の厚い魅力ある街」という事になります。これを裏付ける様に区が実施する世論調査では、今後も葛飾区に住み続けたいという区民の割合が84.5%を占めています。

こうした葛飾区の南部の一帯を管轄区域とするのが葛飾警察署(旧本田警察署)であり、そして葛飾防犯協会です。

私は、防犯協会をもって、先人達が造りあげた貴重な財産であり、東京が世界に誇る安全な街でいられるのもそのおかげであると考えています。

ところが、防犯協会は今、その機能を十分果たせないでいます。言うまでもなく、新型コロナウイルスの感染拡大です。

警察庁の発表によりますと今、刑法犯は戦後最小ペースだそうです。

しかし、それがコロナに伴う自粛の結果であれば喜ぶことはできません。

私達の手で、なんとか元の元気な街を取り戻したいと思います。その為には、多少不便であっても、新しい生活様式をしっかり守り、コロナと共存する社会にしていく事が大切ではないでしょうか。

防犯協会機関誌

返信する





*