最終更新日時 2018-12-09 13:25:56

野球観戦記 2題

『6月15日(日)全国紫明クラブの皆さんとセ・パ交流戦 広島カープ対千葉ロッ テマリーンズ戦を観戦に行きました。 私はカープの大ファンなのです。 当日午前には、サッカー・ワールドカップ日本の初戦、対コートジボワール戦が 行われ残念ながら惜敗してしまいました。 ならば9連敗中のカープを是が非でも勝たせたいといきこんでの応援観戦となり ました。 結果はカープが逆転勝ちをおさめ溜飲を下げたのですが、所詮勝ち負けは時の運 です。 それよりもっと爽やかな気分に浸る事ができた事が二つありました。 一つは満員のスタンドを二分した赤と白の応援合戦です。 リズミカルで透き通った合唱はなんと心地よかった事か。 おじさま族の汚いヤジが飛び交った光景は昔の事でした。 もう一つは、帰りの電車の中で幼児を抱えた若いお母さんに席を譲ってあげた事 です。 幼児は疲れで寝込み、お母さんはロッテの応援グッズを抱え立っているのもやっ とという有様でした。 満員電車が東京に着き、私は寝ている幼児を抱いて長い通路を乗換ホーム迄送っ てあげました。 別れ際、若いお母さんから「カープの連敗が止まって本当に良かったですね」と 祝福を頂きました。 梅雨の合間の爽やかな一陣の風、なんと心地よかった事か。 ( 上西紘治 S41年工学部卒 )   』

 

6月11日水曜日 雨で中止かと心配しながら海浜幕張駅で待ち合わせをし、阪神対千葉ロッテマリーンズ戦に向かいました。雨は止まず延々と降り続きましたが、ロッテの打線爆発で途中階での花火のように楽しい試合でした。熱心なファンは雨のなか傘も差さずに一球毎に応援する姿は感動的でした。我々は雨にも濡れない席での観戦でしたので何か申し訳ないような感じで大きな声援も遠慮するような雰囲気でした。雨の中での観戦でしたが、一つ思ったことはやはり野球やサッカーは屋根のない空の下でやるスポーツだと痛感しました。後楽園ドームでの試合では得られない解放感こそ観戦の醍醐味です。そんな認識を改めてさせられた野球観戦でした。 森田高年 (S51法学部 卒)

20140611観戦記1

20140611観戦記1

DSC_0138_001_01

20140611観戦記2

 

 


返信する





*