最終更新日時 2018-04-15 19:24:36

会員企業の紹介ー私はこうして起業した⑰ アネトス社会保険労務士事務所(橋場たまき)   New

★アネトス社会保険労務士事務所 代表 橋場たまき (H6年 政経学部卒)

■マスコミへの夢ー明治大学時代

橋場たまき氏

 マスコミ業界へ憧れをもっていた高校3年生の夏休み、大学主催の受験相談会に参加しマスコミ業界へ就職するには学生時代にどんな勉強をするのが良いかご相談したところ政治経済を勉強してはどうかとのご返答でした。
根が素直(単純)な人間で、また当時TVに国際政治学者の方が頻繁に出演されていたことに影響を受け、就職活動の時に「在学中は国際政治学を勉強してました」と言えば知性派だと勘違いして頂けるだろう!と思い政治経済学部(政治学科)を志望したものの、惨敗。他の4年制大学にも合格はしていたのですが、当時から重戦車型ラグビーで有名な明治への入学を切望しておりました。
「4年制大学に進学するならば現役でなければ女子は就職の時に不利になる」という父の考えに従い、明治大学短期大学(法律科)から明治大学政治経済学部(政治学科)へ編入学する道を選びました。
短大時代はテニスや合コンやら華やかな世界とは全く無縁で、編入学試験を突破する為に一日中図書館にこもっていた2年間でした。
短大1年の時に運良く学内のマスコミ研究室の入室テストにパスすることができたものの、超個性派の先輩集団に圧倒され、自分の生きる世界ではないと挫折。
政治経済学部へ編入学した後は、文系学生らしく授業には試験直前ラスト3回のみ出席し、どこからともなく回ってくるノートのコピーや模範解答集を頼りにそこそこの成績で卒業できました。これもひとえに当時の友人達のお蔭です。

■挫折をばねに起業へ
就職活動の最中に景気がみるみる失速し女子学生就職難元年に当たってしまいましたが、堅実な経営で有名な某大手スーパーへ就職し食品売り場で一日の大半を過ごしました。長時間労働、シリアスな労働災害、ハラスメントを目の当たりし、労働問題に強い弁護士を目指し退職致しました。今思えば若気の至り…無謀の極みでした。
時間に融通のきくコールセンターで働きながら受験勉強を続けたものの、あまりのハードルの高さにまたもや挫折。大手コールセンター運営会社に再就職しましたが、入社翌日から3時間睡眠の生活が始まり過労死の危機感を感じました。
当初アシスタントとして入るはずだったコールセンターで急遽たった一人でコールセンターの立ち上げをすることになり、人の採用・教育・労務管理の難しさ、身近に相談できるパートナーがいない辛さをいやという程痛感しました。その時に事業を支える「人」の問題でお悩みの経営者、人事労務担当者の皆様方の良き伴走者となるべく社労士を目指すことを決意し、恥ずかしながら三度目の受験で国家試験に合格しました。

各種お客様相談室での電話対応10万件の経験を活かし、日本一聞き上手な「職場環境向上コーディネーター」を目指し只今西新宿で奮闘中です!

■ アネトス社会保険労務士事務所の企業理念
「アネトス」は、ギリシャ語で「居心地の良い快適な」という意味を表す言葉です
不安の無い「居心地の良い快適な」職場環境の下でこそ、事業を支える「人」がその能力・キャラクターを最大限発揮することができます
事業を支える「人」がその能力をフルに発揮できれば、自ずと事業は発展するはずです
快適な職場環境作りのお手伝いをさせて頂くことにより、日本の経済活動の発展につながるよう、全力でサポートさせて頂きます
□ 日本中の事業場の職場環境向上を目指します
□ できる限り難しい専門用語を使わずにご説明させて頂きます
□ 法律を知らないことによって不利益を受ける方がお一人でも少なくなるよう、法改正の動向に目を向け新鮮な情報を発信して参ります 

■ アネトス社会保険労務士事務所のお約束
□ メールでのご連絡に24時間以内にご連絡申し上げます
□ 難しい法律用語をできる限り使わずにご説明させて頂きます
□ 経験豊富な弁護士、税理士、司法書士、行政書士など隣接士業を無料でご紹介致します

研修会講師として

会員と交流




返信する





*